捨て猫を保護しました。動物の遺棄は犯罪です!

10月11日の月曜日のこと。
都留文科大学から都留市役所に捨て猫の通報がありました。
10日(日曜日)に、大学体育館脇に段ボールに入れられた5匹の子猫が捨てられているのを通行人が発見したのだそうです。
市役所職員が現場に急行し、大月警察署立ち合いのうえで保護しました。

捨てられた5匹の子猫たち

その後、警察により動物愛護法違反の緊急捜査となりました。
段ボールの指紋採取もしますよ!!
動物の遺棄は犯罪です。逮捕されます。
1年以下の懲役または100万円以下の罰金という罰則もあります。

遺棄現場
こんな小さな箱の中で飲まず食わずで数日間

子猫たちは捨てられてから保護されるまでの数日間、ごはんもお水もない小さな段ボールの中で過ごしたのです。
保護した後、ご飯を食べうるさいほど元気に!よかったです。
保護した子たちはメンバー数人が手分けして自宅に連れ帰りました。
飼い猫に子猫が生まれたときにその子たちを飼うことができないのならば、不妊手術を!それが飼い主の責任です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。